【春から大学生】大学生のうちにした方が良い大切な6つのこと

【春から大学生】大学生のうちにした方が良い大切な6つのこと

 

こんにちは!かがみもちです!

 

今回は、

 

春から大学生で緊張する!

大学生活の4年間を無駄にしたくない!

大学生活どうやって過ごせば良いのか分からない。

 

という方へ向けて、大学に入る前に始めたり、心がけた方が良いことについて書いていこうと思います!

 

春から大学生の方!!

おめでとうございます!!!

 

 

記事の内容

 

大学生活はあっという間に過ぎ去る

大学生のうちにした方が良い6つのこと

 

 

 

 

 

 

 

 

大学生活はあっという間に過ぎ去る

 

 

いきなりこんなタイトルでごめんなさい!

ですが、大学の4年間は長いようで短いです。

就活は3年生ごろから始まりますし、自由に動けるのは大学2年生ぐらいまでだと思います。

 

 

あっという間に過ぎ去ってしまうからこそ、

 

自分が何のためにこの大学に入ったのか、

自分の人生かけて自分は何をしていきたいのか、

 

を初めから意識して行動していた方が就活の時になっても迷わずに自分の道を選択できます。

 

 

その問いの答えを持たずに、遊びほうけてあっという間に就活の時期になるといきなり、

 

あなたは何がしたいの?

あなたは何ができるの?

あなたは将来どうなりたいの?

 

という問いに立て続けに答えなくてはいけない時が突然きてしまいます。

 

 

その場で考えて出た答えも充分素晴らしいものですが、

その問いの答えを大学1年の頃から探して、いろんな人に出会い、いろんな場所に行き、苦い失敗も経験し、ようやく見つけ出した人の答えとはまた違った重みがあります。

 

あっという間に過ぎ去ってしまう大学生活をどのように過ごしたいか今一度心に聞いてみる機会を作ってみてください。

 

 

 

 

 

大学生のうちにした方が良い6つのこと

 

 

 

目標を立てる

 

 

目標を立てると、人は目標に向かって行動するようになります。

これは意識的にもそうなのですが、無意識的にも脳がその目標を達成しようと情報を収集したり、行動に移そうとするので、目標を立てておくと時間をただ消費することはなくなります。

 

軽い目標でも、高すぎる目標でも何でも良いと思います。

最初に1つ自分の心と約束を作ってみてください。

 

 

 

さまざまなことに挑戦してみて、打ち込めるものを探す

 

 

何か打ち込めるものを探してみましょう。

その時間は後にあなたを助けるスキルにもなり得ます。

気になっていることだったり、学んでみたいなと思っていたことにトライしてみるのも良いと思います。

 

・プログラミング

・デザイン

・ライティング

・モノづくり

・動画制作

・漫画

・人間観察

 

楽しそうなものはなんでもあります。

 

大学の学部以外で何か1つトライしてみるだけで、新しい視点で物事を考えられるようにもなります。

(後々、実績として履歴書やエントリーシートにもかけます)

 

ぜひ興味があることに挑戦してみて下さい。

 

 

 

いろんな場所に足を運び、いろんな人に会ってみる

 

 

大学生の特権を使いまくりましょう。

有名な人のイベントやセミナーなど、ほとんどに学割がありますし、社会人だらけのセミナーやビジネススクールに行ってみても、社会人の方とのつながりもできますし、大学生なのに来るなんて意識が高いと、一目置かれやすいです。

ぜひ大学生の特権を活かしていろんな場所に足を運んでみてください!

そしていろんな物事を俯瞰して捉え、思考する癖をつけましょう。

 

 

 

大学とは違うコミュニティを作っておく

 

 

別のコミュニティを持っておくのはとてもオススメです。

大学の友達となにか価値観が合わなかったり、息苦しくなった時に、別のコミュニティがあると息抜きやリラックスにもなります。

それに加えて、互いのコミュニティで得られる学びや人間関係も違うと、2倍違った視点での学びや経験が得られます。

 

 

 

失敗をたくさんする

 

 

失敗てなんかしちゃダメなことだと思っていませんか?

 

成功の反対は失敗ではなく、何もしないことです。

失敗は成功の種になります。

 

失敗から得られるデータや学びはとても大きいですし、大切な情報です。

学生時代にたくさん失敗をしておけば、後に成功する確率も高まります。

何より経験値が人より跳ね上がります。

失敗を怖がらず、むしろ失敗をするつもりでいろんなことに挑戦してみて下さい。

 

後にその失敗はあなたの道を導いてくれたり、あなたを守ってくれるようになります。

 

 

 

海外に行ってみる

 

 

海外に行ってみるのはとてもオススメです。

できれば旅行ではなく、留学やホームステイなどが良いと思います。

日本にいるだけでは気づかなかったことにたくさん気づけるきっかけになりますし、とても良い刺激を受けます。

日本にいると気づかずに日本のシステムや日本人であることに守られていて、感じることができなかったことがたくさん出て来ます。

海外という知り合いもいない、助けてくれる親も友人もいない、たった1人で、自分の力だけで、全てのことを行うという経験はとても貴重なものです。

最初は心細く、不安も多いと思いますが、それ以上に得られる経験や感動はとてつもなく大きいです。

ぜひ行けるようであれば海外に行ってみて下さい。

 

 

 

 

 

大学生活を悔いのない素晴らしい時間にしよう!

 

大学生活は本当にあっという間に過ぎ去ってしまいます。だからこそ、この期間でやった人と何もしていない人の差が残酷にも開いてしまう大切な時期だとも思います。

この記事を読んでくれた皆さんの大学生活が充実して、素晴らしい時間になれるよう祈っております。

読んで頂きありがとうございました!