【うつ病】落ち込んでる時にしてはいけない3つのこと

【うつ病】落ち込んでる時にしてはいけない3つのこと

 

こんにちは!かがみもちです。

 

 

今回は、

 

最近辛いことが多くて何も手がつかない

やる気が起きない

なんだかうつっぽい

うつ病で療養中だが、色々考えてしまって辛い

 

 

という方へ向けて、うつや落ち込んでる時にしてはいけない3つのことについて書いていこうと思います!

 

 

ちなみに私は、3年前にがっつりうつ病を患いました。

半年間ほどはベッドからまともに動けず寝たきりと希死念慮が消えずに苦しみましたが、しっかり療養していたらすっかり1年後には寛解しました!

 

 

 

記事の内容

 

落ち込んでる時やうつの時はしなくてはいけないことよりも、やらないことを決めるのが大事

苦手な人とはしっかり距離を取る

辛い時は連絡は返さなくても大丈夫

頑張ることをやめる

 

 

 

 

 

 

 

 

落ち込んでる時やうつの時はしなくてはいけないことよりも、やらないことを決めるのが大事 

 

 

うつや、落ち込んでいる時はやらなくてはいけないことを決めるよりも、やらないことを決める方がとても大事です。

 

うつの症状が強くなるにつれ、できなくなることが増えていきます。

 

朝、起きれなくなったり、

寝付きが悪くなったり、

簡単な仕事でさえも手がつけられなくなったり、

 

いろんな当たり前がどんどんできなくなっていくことが多いです。

 

 

そんな状況で、

なんで自分はこんな簡単なこともできないんだ!

これはできるようにしなきゃ、、、

少し前はできていたことなんだからやらなきゃ!

 

と自分を責め立て、追い込んでしまうのは正直に言って、

逆効果です。

 

 

今は、身体も精神もいろいろ抱え込みすぎて疲れてしまっている時。

心と身体が休むことを必要としているからSOSのサインとして、そういった症状を引き起こしてくれたんです。

 

身体と心は毎日精一杯動いてくれていますが、声が出せません。

 

その声として、身体や心は必死に自分に気づいてもらおうといろんな症状を起こしてくれているのです。

 

しっかり受け止めて、自分の心と身体のためにも休むことを受け入れましょう。

 

 

 

そしてやらないことを決めて、少しづつ自分の負担になっていた荷物を降ろしましょう。

 

 

 

苦手な人とはしっかり距離を取る

 

 

苦手な人ともしっかり対応しないといけない。と思っていませんか?

人生の時間は本当に短いです。

自分の苦手な人に自分の時間も、優しさも、あげる必要はありません。

 

だからと言って意地悪しろ、と言っているわけではなく、

自分が関わっていて、心が苦しくなったり、自分の夢や個性を否定してくる人と一緒にいてもマイナスしか生み出さないということです。

 

考えてみてください。

自販機があって、自分がそこにお金を入れてもジュースという価値が何も出て来ず、お金という自分の人生の時間を吸い取る自販機でジュース買おう、と思いますか?

 

苦手な人と関わるとはそれとほぼ同じです。

 

そのような人と一緒にいる時間も交わす言葉ももったいないです。

 

落ち込みやすく、鬱になりやすい人は優しい人が多いです。

ですが、自分を守って、労ってあげるためにも、人間関係を無理して築こうとしなくていいんですよ。

 

一緒にいて楽しく、笑い合える人とあなたの大切な時間を過ごしてください。

 

 

 

 

 

辛い時は連絡は返さなくても大丈夫

 

 

辛くて、携帯も見れない時ありますよね。

そんな時に、連絡がきたりして、返さなきゃ、でも、、、

と葛藤して苦しくなることもありますよね。

 

最近のビジネス書だと、連絡はすぐ返すこと!だなんて言われていますが、

自分が辛い時は連絡はすぐ返さなくてもいいんです。

 

辛い時は、返事をするという行為だけでもかなりの労力を消費しますよね。

 

返事が遅くなってなんだかんだ言ってくる友人や仕事関係の人たちは遅かれ早かれ、縁が切れていた人です。

 

自分が辛い時には、まずは自分の体調を労ってあげてください。

 

本当の友人や交流相手はそんな時にでも責めたりせずに見守って心配してくれる人です。

いつも頑張っているあなただからこそ、自分が辛い時は誰かに甘えても、迷惑をかけても良いのです。 

 

 

 

 

 

頑張ることをやめる

 

 

今まで、頑張らなきゃ。と思って生きてきませんでしたか?

別に頑張らなくてもいいんですよ。

確かに頑張ることは時に必要なエネルギーでもあります。

 

ですが、

頑張りすぎたり、

頑張る先のゴールがずれていたり、

誰かのためだけに頑張ったり、

するのは危ないことです。

 

頑張る先にあなた自身の幸せや、叶えたいことがないから。

 

そして人って頑張らなくても生きてて良いんですよ。

自分のペースで生きていいんです。

 

鬱になりやすい人は、

頑張らないと生きてちゃダメなんだ。

人よりも頑張ってない自分に生きる価値なんてない。

こんな自分は頑張り続けないとダメだ。

と思いがちですが、

 

頑張らなくていいんです。本当に。

 

今は、休む時です。

 

頑張れる時に頑張ってまた歩き始めればいいんです。

 

それに加えて、

人は頑張っていても頑張っていなくても等しく尊い存在なんですよ。

 

あなたに健康が一番大事です。

今は肩の力を抜いて休みましょう。

 

 

 

 

今は、自分の身体と心を労わる期間だと捉えよう!

 

とにかく、今は普通の時の自分ではないことを自覚しましょう。

風邪をひいて熱が出たら、しっかり休みますよね?

それと同じです。

今は心と身体がボロボロの時期なのです。

しっかりその状態を治すことに専念しましょう。

 

周りの声は気にしなくて大丈夫です。

あなたは今、休むということで、自分と向き合って闘っているのです。

そんな自分を褒めて、労って、愛してあげましょう。

  

この記事を読んで頂きありがとうございました。