【うつ病休む勇気】うつ病で何も気にせず心から休むためのマインドセットの作り方

【うつ病休む勇気】うつ病で何も気にせず心から休むためのマインドセットの作り方

 

こんにちは!かがみもちです。

 

 

今回は、

 

・うつ病で毎日辛いが、罪悪感で休みづらい

・周りの目が気になってなかなか休めない

・休もうと思っても休み方が分からない

・会社や同僚に申し訳なくて休みづらい

 

という方へ向けて、

休むということの認知を変え、休むことに罪悪感を感じなくなるマインドセットの作り方についてご紹介していきます。

 

 

 

ちなみに筆者の過去

 

・過去にうつ病で一年半休職していたが、今は完全に寛解し元気に過ごしている

・うつになった最初は自分もそもそも休み方も分からず、休むことに抵抗があったが、今は休むことを習慣化している

 

 

 

 

 

 

 

記事の内容

 

休むことは悪いことという呪いを断ち切る

うつの時のオススメの休み方

休むことを楽しみ、焦らずうつと仲良く付き合っていこう

 

 

 

 

 

 

 

休むことは悪いことという呪いを断ち切る

 

 

はっきり言います。

休むことは悪いことではありません。

この言葉は日本の捨てざるべき呪いの言葉です。

 

ブラック企業の上の人達が都合良く社員をこき使いたいから生み出した根拠もない言葉です。 

 

実際に休むことで得られるメリットの科学的効果をいくつか貼っておきますね。

 

休むことの重要性

脳には休息が必要

なぜ生産性が高い人は「休日」をここまで重視しているのか

 

 

 

世界で活躍しているアスリートはきっちり休む時間をスケジュールに入れています。

休みなしで最大限のパフォーマンスは発揮できません。

 

 

休むことは悪いことだ。

頑張らなきゃいけない。

頑張っていないと誰にも認めてもらえない。

などの糞の役にも立たない言葉はもうこの時代には必要ありません。

私たちで根絶していきましょう。

 

あなたはあなただから価値があるのであって、

頑張っていない時のあなたも頑張っている時のあなたもどちらも大切で尊い存在なんです。

その事実だけは揺るぎません。

 

だから休むことは悪いことだという呪いの言葉はさっさと捨てましょう。

 

 

 

 

 

うつの時のオススメの休み方

 

 

オススメの休み方を難易度の低い方から順番に紹介していきますね。

 

 

ひたすら好きなだけ寝る

 

 

うつ病の時は、過眠になるパターンが多いです。

寝すぎてしまうことを責めずに、そうゆうものだと思って身体が求めるまで寝まくりましょう。

特に過労でうつになってしまった場合は、それまでの寝不足や疲労の蓄積の反動で過眠になってしまっていることもあります。

 

好きなだけ寝まくって身体を回復させてあげましょう。

 

 

 

瞑想、マインドフルネス

 

 

瞑想、マインドフルネスはとてもオススメです。

こちらの本でも書かれていますが、

 

マインドフルネスは科学的にもとても効果のあるものです。

心を整え、ストレス値を減らし、リラックスしてくれるので、

うつで何もできない時には、ただ無心になるだけで効果が高いものなのでぜひやってみてください。

 

 

ちなみに私はマインドフルネスを一年半続けています。

以前に書いたマインドフルネス記事のリンクも貼っておきますので気になる方はぜひ読んでみて下さい!

マインドフルネスのはじめ方

マインドフルネスを1年半やってみた感じた7つの効果

 

 

 

好きなこと、自分が楽しいこと、やりたいことをやってみる

 

 

少しずつ回復してきて、何かできそう、少しいつもとは違う何かがしたい、と思ったら、自分がやっていて楽しいことをしましょう。

焦っていきなり勉強や仕事に関する本を読むなどの難しいことから始めるのは、自分を追い詰めてしまうので得策ではありません。

 

休むことには、身体の休みと心の休みが大事です。

 

好きなことや、やりたいことをすることで心の休息をとってください。

 

 

 

好きな映画を見る

 

 

映像や音声だとあまり脳を使わずに視覚的要素メインで楽しめるので、映画もオススメです。

リラックスできるような映画を見て心を休ませましょう。

 

うつの時のオススメ映画

 

・ツレがうつになりまして

・アバウトタイム

・最高の人生のはじめ方

・最高の人生の見つけ方

 

 

 

 

同じようにうつを克服した人の漫画や本を読む

 

 

実際にもう寛解されている方たちのうつの体験記などを読むとかなり勇気を貰えますし、気持ちがスッと楽になります。

まだ本の活字を読むのが厳しい方は、読みやすい漫画などをぜひ読んで見てください。

 

 

・これからどうしていけば良いのか。

・回復まではどのような道のりなのか。

・休んではいるが回復にちゃんと向かえているのか不安。

・うつになってしまった自分が情けない。

 

などの気持ちに寄り添った言葉や実際のリアルな体験談などのエピソードによってかなり救われるような気持ちになります。

 

 

 

オススメの漫画

 

うつヌケ

 

『死ぬくらいなら会社辞めれば』ができない理由

 

 

 

 

 

 

休むことを楽しみ、焦らずうつと仲良く付き合っていこう

 

 

私も以前は本当に重度のうつ病でした。

ベッドから起き上がれなくなっていましたし、

何も気力もなく毎日絶望感と不安感に悩まされていました。

 

ですが、心の休みと身体の休みを意識して積極的に取るようにしてから、徐々に回復に向かい、今は完全に回復し元気に過ごせています。

 

どうか自分のことを責めずに、休むことを受け入れ、少しづつ、ゆっくり自分のペースで日々を過ごしてください。

長い人生です。

進むだけじゃなくて止まって休む時間があっても良いと私は思います。

どの人生も尊く美しいのです。

 

この記事を読んでくれた方の心が少しでも軽くなって頂けたら嬉しいです。

読んで頂きありがとうございました。