コンプレックスや弱さがあるからこそ人は美しい

コンプレックスや弱さがあるからこそ人は美しい

こんにちは!かがみもちです。

今日はわたしが思うことをつらつらと綴っていきたいと思います。

 

自分のコンプレックスが辛い、醜い、と感じる。

完璧でないとダメだと思ってしまう。

自分の欠点ばかりに目がいってしまう。

 

今日はそんな思いを抱えている方達に向けて記事を書いていきたいと思います。

記事の内容

 

そもそもコンプレックスとは?

人は人、自分は自分

完璧な造花よりも生の花の方が美しい

今日からコンプレックス 、欠点がある自分を好きになってみてはどうでしょうか?

 

そもそもコンプレックスとは?

精神分析用語。情緒的に強く色づけされた表象が複合した心理。抑圧されながら無意識のうちに存在し、現実の行動に影響力をもつ。マザーコンプレックスエディプスコンプレックスインフェリオリティーコンプレックスなど。複合感情。複合観念。

日本では特に、インフェリオリティーコンプレックス(劣等感)の意味で使われる。「強いコンプレックスを抱く」

複雑に関連していること。複合的であること。複合体。「シネマコンプレックス

https://dictionary.goo.ne.jp/word/コンプレックス/

コンプレックスという言葉は主に日本では劣等感、自分の嫌いな部分と言う意味で使われますよね。

人は人、自分は自分

そもそも劣等感て、他人と自分を比べてしまうから発生するものですよね。

また、自分の嫌いな部分に強くフォーカスを当ててしまうことも原因ですよね。

『この人は自分より綺麗だ、けど自分は、、、』

『あの人は〇〇卒だから自分よりも頭が良い』

など、他人の良い点が自分の評価の軸になってしまっています。

他人を比べた後に自分の心はどう感じていますか?

喜びを感じますか?

自分よりすごいと思う人だと、

劣等感が生まれ、

自分よりすごくないと思ってる人を比べた後だと一瞬誇らしくなりますが、

人を見下す気持ちが生まれます。

どちらをした後も心の状態としては健康的ではないように思います。

 

それで頑張る気持ちが生まれる!という方は全然良いと思います、

ですが、コンプレックスで苦しんでいる方は、

まず、

 

他人と自分を比べる回数を少しずつ減らしてみてはどうでしょうか?

他人と自分を比べる癖が自分の劣等感やコンプレックスを生み出す種になってしまいます。

 

その種が育ってしまうと生きづらさや苦しみ、になってしまいます。

それを避けるにはそもそも種を植えないことが大事になります。

 

 

 

 

完璧な造花よりも生の花の方が美しい

造花も美しいです、ですが、生の花が放つ美しさには儚さや今を生きる生の魅力が含まれています。

 

花も人も同じです。

 

完璧な人よりも欠点やコンプレックスがあるからこそ人は美しく、輝く力を内包しているのです。

 

人を惹きつけるストリーの中のヒーロー、ワンピースのルフィや、アベンジャーズも必ず挫折を味わっていますよね。

挫折を味わい、また歩き直して、一歩ずつ前を向いて自分の目標地点に向かっていきます。

 

その姿に人は共感し、感動するのです。

 

また、その完璧でない弱さや、足りない部分があるからこそかけがえのない仲間ができる理由になるのです。 

 

わたしの大好きなTEDの1つ、

『植松努さんの思うは招く』

気になる方はぜひ見てみてください!感動します!

 

この動画でも、仲間ができたのは自分に足りないところがあったから、

自分は周りの人に支えられて生きてこれた、

というようなことを仰っています。

 

自分が完璧な造花ではないこと、

欠点や、コンプレックスがあることを愛してみませんか?

 

その欠点やコンプレックスのせいで、散々苦しんで、たくさん涙を流して、辛い時期を味わいましたよね。

 

ですがその経験はいつか出会う同じ境遇の人の心を癒します。

 

だからそのあなたのコンプレックスや欠点は悪いことや不幸なことではなく、

むしろ宝物のようなものなんです。

だって、人の心を癒せるモノなんですから。

 

 

 

 

今日からコンプレックス 、欠点がある自分を好きになってみませんか?

自分を好きになるって簡単なようでいてめちゃくちゃ難しいことですよね。

でも、ちょっとずつ、自分の嫌いな部分の捉え方を変えていけば拒絶ではなく自分を受け入れることもできるのではないかと思います。

 

ちなみにわたしが大好きなテイラースウィフトのMeやonly the youngという曲も、エドシーランのWhat do I knowという曲も、大好きな漫画も映画も、心を動かせられ、涙を流すものは、その人達がそのコンプレックスや苦悩、挫折をカタチにして、私たちに届けてくれているからです。

コンプレックス、欠点、苦悩、それら全てが輝きを放つ作品になり得る可能性を秘めています。

私たちはコンプレックスや欠点があるおかげで曲や絵、詩、文章などの表現の種を持っているんです。

めちゃくちゃ最高ですよね。

私が今日この記事を書けたのも泣き続けた夜や、苦しんだ経験、挫折を味わっているからです。

そう考えると何かトラブルや傷つく経験をした時、やった!と思えるかもしれませんね笑

そうやって少しずつ捉え方を変えていければ、

そんな自分を愛してあげられる日も来るかもしれません。

皆さんにそんな日が訪れるよう祈っております。

 

 

 

と、ここで記事を終わらせようとしたのですが広告です。すみません!!笑

実はこの記事を書こうと思ったのは、この時計のブランドのストーリーが心に刺さったからなんです!!

 

迷い多き女性達が、気を張らずに可愛いを取り入れられるデザインウォッチ【NUWL】

このNUWLという時計ブランドのHPのブランドストーリーの文章、

 

女性たちが、何者にも縛られることなく、
自分らしい心地よい光を放てるよう願いを込めて、NUWLは誕生しました。

自分のありのままを受け入れ、そこにコンプレックスや弱さがあるからこそ、
より輝ける美しさがあるのです。

NUWLは、迷いながらも今を生き抜く女性たちが、気取らず、気ままにファッションを楽しめるブランドです。

 

という文章に感化されて、

今日の記事を書きました!!

世界観のある新しい時代のかわいいが詰まった時計だったので是非、気になる方はHPを覗いてみてください!

広告失礼致しました!!汗

 

この記事を読んで頂きありがとうございました!

皆さんが素敵な毎日を送れますように。