【感想レビュー】マインドフルネスを1年半やって感じた7つの効果

【感想レビュー】マインドフルネスを1年半やって感じた7つの効果

 

こんにちは!かがみもちです!

 

 

今回は、

 

マインドフルネスって最近流行ってるけど実際どんな効果が得られるの?

続けるとどんな気持ちになるのか知りたい

実際にやってる人の意見が聞きたい!

 

という方へ向けて、一年半ほどマインドフルネスを続けている私が感じた効果について書いていきたいと思います!

 

 

記事の内容

 

マインドフルネスとは?

マインドフルネスで実感した7つの効果

マインドフルネスを取り入れてストレスを手放し、集中力と多幸感を感じよう!

 

 

 

 

 

 

 

 

マインドフルネスとは?

 

 

マインドフルネス: mindfulness)は、今現在において起こっている経験に注意を向ける心理的な過程であり[1][2][3]瞑想およびその他の訓練を通じて発達させることができる[2][4][5]。マインドフルネスの語義として、「今、この瞬間の体験に意図的に意識を向け、評価をせずに、とらわれのない状態で、ただ観ること」といった説明がなされることもある[6]。新しい考え方ではなく、東洋では瞑想の形態での実践が3000年あり、仏教的な瞑想に由来する[7]。現在マインドフルネスと呼ばれる言説・活動・潮流には、上座部仏教の用語の訳語としてのマインドフルネスがあり、この仏教本来のマインドフルネスでは、達成すべき特定の目標を持たずに実践される

https://ja.wikipedia.org/wiki/マインドフルネス

 

 

スティーブ・ジョブズがマインドフルネスをやっていたことでも有名になりましたよね。

今ではGoogleの社内研修にも取り上げられるぐらいすっかりビジネスの場面でも取り入れられてきていると思います。

 

 

 

 

 

 

マインドフルネスを一年半続けて実感した7つの効果

 

 

 

ちなみに、マインドフルネスをやる前の私の特徴は、

 

・いつも考え過ぎてしまう

・ネガティヴな思考が多い

・なんでも不安感じたり、心配性ぎみ

・他人と人を比べてしまう

・集中力があまり続かない

 

 

などの全てがネガティヴの要素を抱えていました。

 

ネガティヴに考え過ぎてしまうことが多く、この思考法を治さないといつも苦しくて大変だ!と思い、マインドフルネスをやるきっかけになりました。

 

そうすると最初は続けるのに苦労しましたが、やり続けるにつれて、どんどん良い効果が現れ始め、気づいたら一年以上も続けていました笑

 

 

それでは、マインドフルネスを一年半続けて実感した7つの効果について紹介していきます。

 

 

①考え過ぎなくなった

 

 

顕著に考え過ぎることはなくなりました。

マインドフルネスをすることによって、思考のオンオフの切り替えがうまくなった感じがします。

今までは、ネガティヴに思考が傾きながらも思考が止められず、延々と考え過ぎてしまい、どんどんネガティヴに陥るという負のループに入っていましたが、マインドフルネスを始めてからは、負の思考ループに入りかけた瞬間に、あ、だめだ、やめよう。と思って思考を止めることが意識的にできるようになりました。

 

 

 

②食べ過ぎなくなった

 

 

マインドフルネスを始めてから、今の自分のお腹はどんな状態で、何を欲しているのかを意識できるようになりました。

今までは空腹による欠乏感からお腹いっぱいになるまで食べてしまうことが多かったのですが、自分の身体の状態に意識を向けることが難なくできるようになり、あ、もうこの量で充分だな、と判別ができるようになります。

 

 

 

③自分に自信がついた

 

 

これは、マインドフルネスを続けた事により、多幸感や充実感を感じやすくなったのも大きい気がします。

また、①でもあげたようにネガティヴに考え過ぎなくなったため、自分の良いところだったり、人の良いところや優しさにも目を向けれるようになりました。

そうすることで周りの人に感謝を伝えられるようになったり、笑顔も増えたために、自分の自信にも繋がった気がします。

 

 

 

④集中力が続くようになった

 

 

集中力は格段に上がりましたね。

マインドフルネスをやってみるとわかるのですが、最初は30秒でも無になって今に集中するのが難しかったです。

ですが、どんどん今に集中することが鍛えられていくと同時に集中力も磨かれていきました。

今集中しようと思って、すぐにスイッチを切り替えられる感じです。

そのスイッチをマインドフルネスをやった事によって手に入れられた感覚がとても強いです。

 

 

 

⑤何気ない日常に幸せを感じるようになった

 

 

これはストレス値がどんどん減っていったからなのか、道を歩いていると木々や花の美しさにも目が行くようになり、あぁ、素敵だなあ、空も綺麗だなぁと感じることが多くなりました。

その結果、何気ない日常も尊く感じ、生きてることが幸せだなと感じることも多くなります。

 

 

 

⑥他人と自分を比べなくなった

 

 

他人と自分を比べなくなりましたね。比べる思考をした後に必ず自分がネガティヴな精神状態になるということに気づけたのが大きいです。

マインドフルネスによって思考のオンオフができるようになったからか、比べる思考に入りそうになったらあ、やめよう。と思い思考を止めることができるようになりました。

 

 

 

⑦必要のないものに時間を費やさなくなった

 

 

マインドフルネスをしていくにつれて、自分にとって本当に必要なものはなんだろう?と考えるようになりましたし、自分の心にも意識が向くようになりました。

例えば行きたくない飲み会に行った後に、ネガティヴな状態になっている自分がいる事に気づけるようになったのです。

自分の時間も良い精神状態を奪うものに自分の限りある人生の時間を費やすのはもったいない、それなら自分が楽しいと思えたり一緒にいたいと思える人と一緒にいようと思い直し、必要のないものには時間を費やさなくなりました。

 

 

 

 

マインドフルネスを取り入れてストレスを手放し、集中力と多幸感を感じよう

 

マインドフルネスをやる事によって私にとってはとても良い効果が得られました。

皆さんもなにかネガティヴに考え過ぎることで悩んでいたり、集中力を鍛えたかったりしたらぜひマインドフルネスを日常の中で取り入れてみてください!とてもおススメです。

それではこの記事を読んで頂きありがとうございました!