【温活&冷え対策】身体を芯から温める3つの方法

【温活&冷え対策】身体を芯から温める3つの方法

こんにちは!かがみもちです!

今回は、

 

冷え性で困っている

冬の寒さに耐えきれない!!

温活をして美容や健康を意識したい!

 

という方へ向けて記事を書いていこうと思います!

記事の内容

 

冷えからくる身体の不調

身体を温めると何に良いの?

身体を芯から温める方法

温活を取り入れて身体をアップデートしよう!

 

冷えからくる身体の不調

 

 

冬の寒い時期は特に身体が冷えてしまいがちですよね。

また、寒い外と暖かい室内の行き来は寒暖差が激しく、自律神経も乱れてしまいがちです。

冷えは意外と様々な身体の不調を招いてしまいます。

 

冷えることによって体内では何が起きているの?

 

免疫力が低下する

免疫細胞は血液の中にいます。体温が下がり血行が悪くなると、体内に異物を発見しても素早く攻撃できません。

免疫力が正常に保たれる体温は36.5℃程度といわれています。、免疫力は、体温が1℃下がると30%低下し、逆に1℃上がると一時的には最大5~6倍アップするともいわれ、体温を上げることの重要性がよくわかります。

http://www.e-shigenoya.jp/honey/immune.html

 

冬は特にインフルエンザ、ノロウイルス、今話題のコロナウイルスなども流行しますよね。

 

マスクや手洗いが有効と言われていますが、免疫力をあげるのも大切と言われています。

 

風邪をひかないためにも体温は上げていきたいですよね。

 

 

老廃物が溜まってしまう

冷えで血流が悪くなると代謝が低下し、体内には老廃物が溜まりやすくなります。また、お尻や太ももといった下半身に老廃物が蓄積されると、女性の敵ともいえる「セルライト」というかたまりになることも。肥満や生活習慣病の原因にもなりえます。

https://www.s-re.jp/magazine/health/05/

 

老廃物が溜まってしまうと、肌荒れの原因にもなってしまいます…!

 

 

 

 

 

  

 

冷えることによって起こる身体の不調

 

冷えは身体面でも精神面でも不調を招きます。

精神面では、イライラを感じやすくなってしまうことがあげられます。

 

 

冷えによる身体面の不調

・頭痛

・倦怠感、疲労感、

・むくみ

・腰痛

・肩こり

・不眠

・便秘、下痢

 

などがあげられます。

 

特に女性の場合だと、冷えによって生理痛が重くなってしまったりします。

 

 

身体を温めると何が良いの?

 

身体が温められると血行が良くなり、免疫力も高まります。

血行が良くなることで、頭痛やむくみも改善されますし、質の良い睡眠が取れることによって疲労感も軽減されます。

また、体温が1度上がると基礎代謝量は13%~15%上がると言われており、消費カロリーも増えダイエットにも繋がるんです!

 

身体を芯から温める3つの方法

 

足を中心とした運動

血を全身に巡らせるポンプの役割を果たすのは、心臓と筋肉。適度な運動をすることによって、その働きが良くなります。同時に筋肉は、身体を温める役割も担っています。寒さで身体が震えるのは、筋肉がおのずと動いて少しでも体を温めようとしているから。よって自発的に筋肉を動かして体温を上げること、代謝がなされやすい身体を作ることが大切なんですね。

足には全身の筋肉のおよそ60~70%が集中していますので、足のストレッチや運動は「冷え」に有効といえるでしょう。もちろん、日常生活においてなるべく歩くように心がけることも良いですよ。適度な発汗は体温調節を促し、交感神経の働きも活性化させます。

https://www.yomeishu.co.jp/genkigenki/feature/090130/index.html

 

朝、早めに起きて、散歩がてらウォーキングするのも良いですよね。

散歩は気分転換や、アイデア探しにも良い手段ですし仕事においても良い効果を発揮するの一石二鳥です💕

 

身体を温める入浴法

冷え性(冷え症)対策には「身体を芯から温めること」が大切です。そのためには、38〜40℃くらいのぬるめのお湯に15~20分、全身ゆったりとつかるのが理想的です。熱めのお湯の方がいいのでは?と思う人もいるかもしれませんが、私たちの身体は常に体温を一定に保とうと働いています。そのため、急に身体が熱くなると体温を下げようとする機能が働き、湯冷めしてしまう場合があります。しかも、熱いお湯だと、すぐにのぼせて身体全体が温まる前に湯船から出てしまうなんてことも。身体を芯まで温めるためには、ぬるめのお湯にゆっくりつかることが大切です。

https://www.earth.jp/ofuro/bath-agent/002/index.html

 

精神的なリラックスも兼ねていつもの入浴より長めにお風呂に浸かるのが良いですね!

 

私はいつもジップロックにiPhoneを入れて入浴中にyoutubeでTEDなんかを見て英語学習をしたりしています。

 

また、身体を温める入浴方法として、バスソルトも有効的です!

バスソルトをお風呂に入れるだけでじわじわと汗がにじみ出てきて、デトックス効果も期待できますし、身体全体の保湿も期待できます💕

 

 

食事改善療法

食べ物でも身体を温めることができるんです!

基本的に冬野菜は身体を温めてくれる食べ物です。

反対に夏野菜は身体を冷やす作用があるので、体が冷えている時には控えると良いと思います。

体を温める食べ物

(冬が旬、寒冷地で育つ、地中で育つ、暖色系、水分が少ない、発酵食品)
・ニンジン
・カボチャ
・タマネギ
・レンコン
・ゴボウ
・ジャガイモ
・自然薯
・玄米
・鮭
・納豆
・キムチ
など

 

体を冷やす食べ物

(夏が旬、南国育ち、地上で育つ、寒色系、水分が多い)
・キュウリ
・キャベツ
・レタス
・ナス
・ほうれん草
・小松菜
・タケノコ
・梨
・スイカ
・メロン
・パイナップル
・アサリ
など

 

 

温活を取り入れて身体をアップデートしよう!

身体の不調が続くと仕事や生活面にも影響してきてしまうのでとても厄介ですよね。

特に頭痛があると頭が回らなくなりますし、イライラは人間関係を悪くしてしまいますし、、、

特に女性の方は生理痛が重くなるだけで、その日は地獄の1日になってしまいますよね😭

そんな不調も、身体を温めることを意識するだけで改善していったりするので、ぜひ皆さん身体の不調で悩んでいたら、温活を取り入れてみて下さい~!

身体も心もポカポカにして素敵な日々を過ごしましょう💕

この記事を読んで頂きありがとうございました!