HSP内向型の私が自力で生きづらさを克服した話

HSP内向型の私が自力で生きづらさを克服した話

 

こんにちは!かがみもちです。

自分は昔HSPで内向型だということに気づかず、ずっと生きづらさを抱え、辛かった時期があります。

自分の性質に気づき、対処するまではずっと辛かったです。

ですが、タイトルにもある通りそんなHSPで内向型の自分が社会の生きづらさを今は克服しているんです。

なぜ、どのように克服できたのかについて今回は詳しく書いて行こうかと思います!

 

1 そもそもHSPとは?

2 内向型とは?

3 まず自分自身がどんな特性を持った人間なのか知る

4 自分の特性を受け入れる

5 自分が生きやすい環境に身を置く

6 まとめ

 

 

 

 

そもそもHSPとは?

HSP=ハイリィ センシティブ パーソンの略ですね。

HSPとは(Highly Sensitive Person)
一般に繊細・神経質・内向的と
言われる人たちが持つ
「気質」です。

生まれ持ったものですが決して病気ではなく
世の中のタフな人と
そうではない敏感な人とを2タイプに分けた、

ただの概念に過ぎません。

https://hsptest.jp/about

このような生まれ持った性質の1つです。

  

 

 

内向型とは?

内向性ともいう。

スイスの心理学者 C.G.ユングによる性格類型の一つ。

心的エネルギーがおもに自己の内面に向い,外部の人物や事物に対しては消極的であるために,実行力に乏しく孤独な傾向を示す性格のこと。

内向思考タイプでは理念的・合理的,内向直観タイプでは神秘的・非合理的傾向がみられる。

https://kotobank.jp/word/内向型-107299

 

HSPとも似ていますが’内向型も生まれ持った性質の1つですね。

HSPと似ていて、やはり自分だけの時間を大事にしたり、

感受性が強すぎるタイプのような性質です。

自分の特性を知る

そもそもなぜHSPの方や内向型の方はなぜ生きづらさを抱えてしまうのでしょうか?

自分の特性を知らない状態で今の社会の常識や生き方に合わせようと無理してしまっているからですよね。

なので自分の特性を知ることが生きづらさから抜け出すキーになってくると私は思います。

なので専門書、つまり本を読みましょう。

自分が感じているコンプレックスなどってありませんか?

そのコンプレックスて実は自分がダメだからそうなってしまうのではなく、

内向型やHSPのような、ただの人それぞれの性質なんです。

 

分かりやすくポケモンで例えると、

水タイプのあなたが、頑張って電気タイプの10万ボルトを習得しようとしているんです。

到底無理な話ですよね。

でもきっと、電気タイプに頑張って立ち向かってしまう水タイプのあなたはもしかしたら自分が水タイプって気づいていないだけかもしれないんです。

ポケモンもポケモン自身では気づいてないですよね。

トレーナーが指示しているのですから。

 

なので私たちはトレーナーの視点や知識を持てば生きやすくなれるんです。

 

なのでまずは自分のタイプや性質を知ってあげましょう。

私のオススメの本はこちらです。

自分の価値を最大にするハーバードの心理学講義 [ ブライアン・R.リトル ]価格:1,760円
(2020/2/1 20:06時点)

こちらは、内向型と外向型について丁寧に説明してあり、それぞれの特性に沿った生き方や生活習慣の提案も書いてあるのでとても参考になります。

私はこれを読んで、生活習慣や食べ物やマインドも変えました。

スッと生きやすくなりますよ。

 

 

 

 

自分の特性を受け入れる

自分のタイプを知れたら、拒絶ではなく、受け入れてあげましょう。

私はこうゆう性質を持ってるから、これが得意で、でもこれは苦手なんだな。と認めてあげる事が大事です。

完璧な人間なんていません。断言できてしまうほど本当にいません。

 

誰かが得意な事はあなたが苦手な事で、

あなたが苦手な事は、誰かが得意な事なのです。

 

なので頑張って苦手なことを克服することに時間を割くより、自分が苦手なことを得意な人にまかせてしまえば良いんです。

 

どうも日本の社会は1つの人間の型みたいなものが定着していて、人間にはその1つの型しかないと思いがちな社会ですが、

そんな事は一切ありません。

人は人の存在の数だけ個性と性質があって、同じ人なんて存在しません。

なので社会や世の中の空気が求める人間の型なんか気にせずに胸張って生きましょう。

そんなルールに屈服する必要は1つもありません。

 

 

 

 

自分が生きやすい環境に身を置く

1、2で自分の性質を知り、受け入れたら、自分に会う環境に身をおきましょう。

あなたが水タイプのポケモンなら、水辺や海に。

あなたがくさタイプのポケモンなら草原や原っぱに。

 

自分の居心地の良い場所に自分を置いてあげて、自分の得意なことや好きなことを環境の力も借りて伸ばしていくのが一番良いと思います。

確かにこの社会では、自分の苦手な場所にも行かなくてはいけない状況はたくさんあると思います。

でも自分が自分でいられる場所や、休める場所に自分を置いてあげることは大事な時間として捉えてあげて、自分に養分を与えてあげて下さい。

心の養分が枯れてしまうとどんどん元気がなくなってしまうので、自分が回復する養分をたくさん採り入れてあげて下さい。

養分は一人一人違うと思います。

好きな音楽を聴いたり。

散歩したり。

絵を描いたり。

人と会って話すことだったり。

 

自分としっかり対話して自分の養分を見つけてあげることもしてみて下さいね。

 

 

 

まとめ

HSP、内向型の人にとってつきまとう煩わしさは生きづらさだと私はやはり思います。

飲み会に参加してみてもどこか心が苦しくて、

誰かと話していてもなんだか辛くて、

孤独を感じたり、社会のルールに従って生きることも窮屈すぎて息がしづらくなりますし、

周りにはそんな人いないから自分が異常なんじゃないかってまた自分を責めちゃうんですよね。

どんどん生きづらさが溜まって苦しくなっちゃうと思うのですが、

知る、受け入れる、環境を変える、

ということを意識的にしてあげるとどんどん自分の短所に思えていたことが反転して長所に変わっていくことを実感できると思います。

私も少し前までは生きづらさ真っ只中でしたが、知る、受け入れる、環境を変える、ことをしたらどんどん心身ともに良い方向に変化していきました。

あなたの性質を押し殺すように生きるのではなく、活かしてあげるように生きれると世界はもっと広く楽しいものに変わっていきますよ。

 

みなさんの日常が素敵なものなりますように。

この記事を読んで頂きありがとうございました。