【英語勉強法】日本にいながら留学環境を作り出す6つの方法

【英語勉強法】日本にいながら留学環境を作り出す6つの方法

こんにちは!かがみもちです。

 

 

今回は、

 

英語が話せるようになりたい!

英語の勉強することは決めたけど何から始めれば良いのかわからない!

留学は費用がかかるから日本にいながら英語が話せるようになりたい!

 

と悩まれている方へ、

日本にいながら留学環境を作り出す方法を紹介していきたいと思います!

 

 

記事の内容

 

そもそも留学とは?

留学環境は日本でも作ることができる

見る、調べる、聴く、話すを英語に変える

 

 

 

 

そもそも留学とは?

 

 

英語の勉強のためにそもそも留学に行く意味ってなんでしょうか?

なぜ留学に行けば英語を習得できる環境に”なる”のでしょうか?

 

留学先では、

話す、聞く、読む、

という日常生活を送る上で必要不可欠な部分が強制的に英語に切り替わります。

 

 

・英語で話さないと、人に何かを伝える事ができない

・英語が聞き取れないと、相手の話が理解できない

・英語を読めないと、看板などの指示が理解ができない

 

この3つの部分が留学した途端にいきなり英語を使わないと何もできない状態になるんです。

 

だから留学先では否が応でも英語を使わなくてはいけない環境に必然的になります。

 

なので自然と毎日英語を話す、聞く、読む、回数が増え、英語力が徐々に上がっていくのです。

 

 

 

 

留学環境は日本でも作ることができる

 

 

留学の環境で、

話す、聞く、読む、

部分が強制的に英語に切り替わるのであれば、

日本でも話す、聞く、読む、部分を日本語から英語に強制的に変えれば留学環境と近い環境を構築することができるのではないでしょうか?

 

全てを英語に変えることは無理だとしても、

日本で話す、聞く、読む、を英語に切り替えたら、日常の約60%ほどは留学環境に近づきます。

 

 

 

 

話す、聞く、読むを日本語から英語に切り替えて日本で留学環境を作り出す6つの方法

話す、聞く、読む部分を英語に切り替えて日本で留学環境を作り出す6つの方法を紹介していきたいと思います!

 

 

1 iPhone、SNS、YouTubeの設定を英語仕様にする

これ意外と簡単にできちゃうんです。

 

 

iPhoneのやり方は、

設定→一般→言語と地域→iPhoneの使用言語をEnglishに変更

 

 

SNS、YouTubeも同様の流れで、

設定から言語を変更できるところがあるので英語の地域に変更すると全て英語で表示されるようになります。

YouTubeが変更されるのが結構役立ちます!

動画で海外のトレンドも知ることができますし、楽しみながら話し方も学べるのでとても良いと思います!

 

 

 

2 調べ物や検索を使うときも英語で検索

皆さんGoogleやインスタ、Twitter、YouTubeなどで調べ物しますよね?

その調べ物を英語に変えてみましょう!

 

すき焼きの作り方が知りたい→how to cook sukiyaki

近くのカフェを知りたい→Cafe near me

コロナウィルスの現状を知りたい→corona virus

〇〇という英単語の意味が知りたい→what does 〇〇 mean?

 

と、このようにとりあえずなんでも英語で検索してみると、英語で検索結果が出てきます!

 

意味や文章が理解できなかったら、日本語で検索してみて、交互に意味を理解しながら繰り返して読んでいくとなんとなーく徐々に英語の意味が分かっていきます!

しかも日本語では手に入らなかった情報なども知ることができるので知識が広がります!

 

 

 

3 いつも聞く音楽を洋楽に変える

通勤や通学時間で音楽聴いていますか?

片道30分だと考えて、それを一年続ければ、10.950分にもなります。

その時間をいつも聴いてる曲から洋楽に変えてリスニングの練習にも変えてしまえば、一年で10.950分、リスニングの勉強をしたということになります。

洋楽も聞き取ろうと思って注意深く聞いていれば確実にリスニング力は上がります!

音楽を洋楽に変えてみましょう!

 

 

 

4 ニュースを海外のニュースメディアに変える

ニュースを見る時間も英語に変えてみましょう!

学びたい国の英語の発音があれば、その国のニュースメディアをアプリとしてiPhoneに入れとくと、ニュースを調べる時に、その国の発音も一緒に学べちゃうので一石二鳥です!

ちなみに私はイギリスのBBCのニュースアプリをiPhoneに入れています。

 

 

 

5 アプリを使って誰かとの連絡も英語にする。

1~4に慣れてきたら実際にネイティブの人とコミュニケーションを取ってみましょう!

Hello talkという言語交換アプリを使えば日本語を学びたい英語ネイティブの人とマッチングができて、相手は自分から日本語を学び、自分は相手から英語を学びながらコミュニケーションがとれます!

アプリなのですぐに返事もしなくて良いので、意味が分からなかったら調べて理解してから返事を返したりできるので、まだ会話のように早いテンポで英語を返せない段階の人には最適な勉強方です!

会話のまえの練習として活用していくと良いと思います!

 

 

 

6 いつもの飲み会を英語で交流できる飲み会に変える

最後は実践ですね!

話してみる練習をしましょう!

こちらもMeetupというオススメのアプリで、オフラインで英語学習者と日本語学習者の言語交換会のイベントを探せるアプリです!

言語交換会の場なら練習として参加しても全然問題ないですし、この場でたくさんトライして英会話をマスターしていくのが良いです!

 

 

 

生活サイクルの軸を英語に変えて留学しなくても英語を話せるようになろう!

留学はお金も時間もかかってしまい、なかなか踏み出せない手段のひとつですよね。

でも日本でこの方法でちょっと生活を変えてみて留学環境を作り、英語を話せるようになればとてもお得な留学方法になります!

ぜひ試してみて、英語の習得に役立ててみてください!

 

この記事を読んで頂きありがとうございました!