意外な肌荒れの原因?グルテンの影響とは?

意外な肌荒れの原因?グルテンの影響とは?

こんにちは!かがみもちです!

 

 

今回は、

 

グルテンフリーって最近よく聞くけどそもそもグルテンてなに?

グルテンてなに?

なんだか小麦粉を食べると調子が悪くなるのはなんなんだろう?

 

と思われている方へ、

グルテンの影響についての記事を書いていきたいと思います!

 

 

記事の内容

 

そもそもグルテンとは?

グルテンが身体に与える影響

グルテンが自分に合うのかどうか見極めて身体の調子をよくしよう!

 

 

 

 

 

そもそもグルテンとは?

 

 

グルテン(gluten)とは、小麦粉に含まれるグルテニンとグリアジンという2種類のたんぱく質が絡み合ってできたもの。小麦粉に水を加えてこねることで、グルテニンの「弾力はあるが伸びにくい」性質と、グリアジンの「弾力はないが粘着力が強くて伸びやすい」性質が結びつき、こねればこねるほど弾力と粘り気のある生地ができあがります。

https://premiummarche.com/read/glutenfree.html

 

あの、パンやパスタなどを食べた時のもちもち感を生み出しているのがグルテンです!

 

主にグルテンが含まれている食べ物

・パスタ

・パン

・うどん

・クッキー

・ケーキ

・ラーメン

 

 

 

 

グルテンが身体に与える影響

 

日頃、摂取する機会が多いグルテンですが、体質によっては体の中で消化不良や便秘、下痢、アレルギー反応を引き起こす可能性があるともいわれています。そもそもグルテンは人の消化酵素で完全に分解されにくく、分解途中の物質が炎症を引き起こして消化吸収機能の障害をもたらす可能性があります。一般的に「グルテン過敏症」や「グルテン不耐症」と呼ばれている「グルテン関連疾患」には、ある特定の遺伝子型(HLA-DQ2とHLA-DQ8)を持つ遺伝性の自己免疫疾患や、原因が未だ明らかでない症状が含まれます。腹痛、便秘、下痢などの消化器症状、消化吸収の低下による栄養失調、思考力減退や疲労感などさまざまな症状をもたらします。片頭痛や月経前症候群、自己免疫疾患につながる可能性もあります。

https://agri.mynavi.jp/2019_06_03_66926/#toc-2

  

まとめ

 

グルテンは完全に消化されづらい。

人によっては身体の中で消化不良、便秘、下痢、アレルギー反応を起こす

消化吸収の低下による栄養失調、思考力減退、疲労感などの症状をもたらす。

片頭痛、月経前症候群、自己免疫疾患につながる可能性もある。

 

 

など、もちろん人にもよりますが、身体にとって様々な影響を及ぼします。

 

 

 

 

グルテンが自分に合うのかどうか見極めて身体の調子をよくしよう!

パスタやラーメンなどグルテンが含まれている食べ物が大好きな方は継続して食べても構わないと思いますが、

グルテンが含まれている食べ物を食べた後に何か不調をいつも感じると不思議に思われている方は、ぜひグルテンを抜いた食生活にチャレンジしてみてください!

この記事を読んでくださりありがとうございました!