【美肌習慣】ランニングの健康効果まとめ

【美肌習慣】ランニングの健康効果まとめ

 

こんにちは!かがみもちです!

 

 

今回は、

 

ランニングってどんな健康効果があるの?

ランニングを始めてみたいけどどうしようか悩んでいる

ランニングて何が良いの?

 

 

と思われている方へ、

ランニングの効果について紹介していこうかと思います!

 

 

 

記事の内容

 

ランニングの健康効果

運動量はほどほどに

ランニングを始めて心身ともに健康に生活を整えよう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ランニングの健康効果

 

 

 

 

ダイエット効果

 

 

ランニングは有酸素運動にあたります。

有酸素運動では、血液中にある余分な糖分や脂肪を燃焼し消費していきます。この流れがダイエット効果に期待できます。

また、最近お腹が少し出てきた、という方にも内臓脂肪を消費できるので効果的です!

 

 

 

美肌効果

 

 

女性にとってとても嬉しい効果ですよね。

ランニングによって血行が良くなり、新陳代謝が活発になります。

そうなることで、肌の細胞が生まれ変わるターンオーバーのサイクルも早くなり、新しい細胞がどんどん作られるため、肌を若々しく保つことに繋がります。

また、ランニングの発汗作用により毛穴の老廃物も外に出してくれます。

 

 

 

肩こり、冷え性の改善

 

 

ランニングという有酸素運動には呼吸筋や心臓の筋肉である心筋を発達させる効果があります。

そのおかげで血液の循環が良くなり、血行も良くなることで肩こりや冷え性の改善も期待できます。

 

 

 

脳を活性化させクリエイティブ力を上げてくれる

 

 

ビジネスマンにとってはとても嬉しい効果ですよね。

こちらの記事がとても興味深く詳しく書いてあります。

https://r25.jp/article/724167151213646993

 

クリエイティブ力が欲しいなら、走れ。

とてもインパクトがある言葉ですよね。発想力や想像力においても効果を発揮してくれるランニングはとても素晴らしいものに思えます。

 

 

 

 

運動量はほどほどに

 

 

適度な運動は体にいい。実際、「運動で寿命が延びる」ことは医学的にも確認されている。台湾の国家衛生研究院が41万6175人を平均8年間追跡した調査によると、「毎日15分、中程度の運動(ウォーキングなど)をする人」の死亡率は「まったく運動しない人」より14%低く、平均寿命が約3年長い。さらに1日90分までは、1日の運動時間が15分増えるごとに死亡率が4%ずつ下がっていく(Lancet. 2011 Oct 1;378(9798):1244-53)。

ただし、注意してほしいのは「適度な運動」ということ。運動はやればやるほど体にいいわけではない。この調査でも運動する時間が1日90分を超えた場合、死亡率は変わらなくなった。それどころか、運動のやりすぎは健康を損ねることさえある。

https://style.nikkei.com/article/DGXMZO07440140Q6A920C1000000/

 

こういったデータもあるので、一念発起し、ランニングをやり込むのも良いのですが、やり過ぎは注意してください!

 

 

 

 

ランニングを始めて心身ともに健康に生活を整えよう!

デスクワークも多くなり、あまり身体を動かす機会ってなかなかなくなってしまいますよね。

ですがやはり運動は健康的な身体において大事な要素です。

ぜひ最近運動不足などが気になる方は少しずつでもランニングを取り入れてみて健康的な生活を心がけてみてください☺️

この記事を読んで頂きありがとうございました!